1. 山下電気株式会社 トップ
  2. 山下電気の技術
  3. Y-HeaT

Y-HeaT

Y-HeaT ウエルドレス成形技術

Y-HeaT ウエルドレス成形技術

射出成形品の欠点であるウエルドラインを無くすウエルドレス成形技術は、長年様々な方式が提案されてきた注目の技術です。当社では、シンプル、低コスト、汎用性、操作性をキーワードに、ものづくり現場を重視したウエルドレス成形技術 “Y-HeaT” を開発しました。

“Y-HeaT”(Yamashita Heat Technology)はキャビティ表面急加熱冷却技術の総称です。この技術は、受注生産による成形品の販売および特許のライセンス販売を行っています。

Y-HeaTに関する詳しい情報は特設サイトよりご確認ください。

ウエルドラインとは

ウエルドラインは、金型内で2つ以上の樹脂が合流する場所で樹脂と金型表面との間にV溝状の空間として発生します。

V溝が深く広い=ウエルドラインが目立つ

V溝が浅く狭い=ウエルドラインが目立たない

溝を小さくするためには、保圧で樹脂の内側から金型表面に向かって溶融した樹脂を押しつけますが、溶融樹脂は金型に接触した直後に冷却されて固化層を形成してしまうため、圧力で押しつける効果は瞬間的なものとなります。

そこで、金型表面温度を樹脂のガラス転移温度(Tg)以上の高温にして樹脂の冷却固化を遅らせることにより、固化層が柔らかい状態のうちにV溝を時間をかけて押しつぶすことでウエルドを見えなくします。
この金型表面温度を高温化する技術がウエルドレス成形技術であり、これまでも様々な方法が提案されています。

Y-HeaTの特徴

電熱ヒータをキャビティ表面近くに設置する金型構造。急加熱と200℃以上の表面温度を実現します。

Y-HeaTの効果
Y-HeaTの効果

ウエルドライン消去などプラスチック成形品の外観品質を向上させる、さまざまな効果が認められています。

Y-HeaTの活用事例
Y-HeaTの活用事例

塗装レスの外観部品や、塗装やメッキではウエルドラインを消去できない部品などに採用されています。

ライセンス提供

Y-HeaT技術は、特許権のライセンス販売を行っています。導入方法はこちらをご覧ください。

ご依頼やご質問 、不明点などお気軽に お問い合わせください