TOP > 会社情報 > モンゴル高専生との科学技術交流事業を実施いたしました

インフォメーション

モンゴル高専生との科学技術交流事業を実施いたしました

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モンゴル高専生との科学技術交流事業を実施いたしました
品川区の取り組みである『モンゴル高専生との科学技術交流事業』の一環で
7月9日~8月1日の約3週間インターンシップ研修生2名を受け入れました。
今回はインターンシップの様子をご紹介します。

●東京地区 での活動●●●
最初の2日間は日本での生活についての座学や品川区の防災体験館にて防災体験など
オリエンテーションを実施しました。
3日目からいよいよ樹脂成形について勉強と成形体験です。
はじめは緊張した面持ちの2人でしたが、次第に真剣な眼差しに変わっていきました。
通常の成形だけでなく、弊社の特許技術であるY-HeaTを使用した成形を体験したり
協力工場を訪問し、二次加工の様子を見学しました。

kenshu1.jpg
● 山梨工場 での活動●●●
2週目は弊社山梨工場で金型製造の流れ・加工について見学、
課題として金型加工用の機械でアイアンダイスを作製しました(下記写真左)
また、二色成形と品質管理部門で実習も行いました。

● 山下システムズ での活動●●●
最終週は弊社の関連会社である山下システムズ㈱において基板の組立作業や
X線検査装置、BGAリワーク機、顕微鏡など品証関連の装置体験を行いました。
写真(右)が研修生が製作した基板です。

サイコロ kiban.jpg

3週間の山下電気での経験が今後のご活躍の一助となることを願っております。

◆関連記事(外部)
【品川区】モンゴル高専生13人がインターンシップの成果を発表
【品川区】モンゴル高専との科学技術交流事業 インターンシップ開始式
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加